砂漠、エジプト、アルジェリア

エジプトで驚いたのが砂漠
砂漠って鳥取砂丘みたいな「砂砂漠」を想像していたら、エジプトの砂漠は石や草や枯れ木がある。礫砂漠と言ってこれも砂漠らしい・・・・。

ピラミッドの周りに観光用のラクダがいたけど、

砂丘をラクダが歩いている・・・のは勝手な思い込み。

ラクダも「乗ったら最後、降ろしてもらう時に高額要求される。払わないと降ろしてもらえない」と言われて乗らなかった。

ルクソールではロバに乗って回った。私のロバは恐ろしく早かった。多分、体重が他の参加者(巨大なイギリス人やオーストラリア人)より軽かったからだろうけど。「小さいのに暑い中偉いな、大変だな」とロバファンになった


砂漠は以前見たアルジェリアの「ターギット」がダントツ美しかった
延々と続く砂砂漠。


最近、アルジェリアで人質事件があったので旅行には行けないのかな?

私はチュニジア、アルジェリア、モロッコに行ったけど、アルジェリアが一番よかった、人が良かったから。そりゃ社会主義国だから物や交通手段はモロッコやチュニジアの方がよかったけど、モロッコとチュニジアの人って子供っぽいと言うか、好奇心旺盛と言うか、欲望に忠実というか・・・。とにかく一歩外に出ると「シノア、シノア(中国人と言う意味らしい)」と追いかけられ、車の中から、家の窓から・・・叫ぶ叫ぶ、子供じゃなくオジサン達が。何のためにただ私に向かって「シノア!」と叫ぶのか不明

バスに乗ったら後ろに座った人達が次々と私の髪の毛を撫でる。(多分、みんな宿毛だから直毛の私の髪を触りたかったんだろう)

そういうウザイ事がなかった、アルジェリアでは。

南の端、タマンラセットには自家用車でマリ、さらに先のアフリカに行く、またはそこから戻ってきた、フランス人、ドイツ人、イタリア人がいっぱいいた。中には子連れも。ヨーロッパから車を運転して、アフリカの奥地で売る、みたいな仕事をしている人もいた。

私も車でアフリカ縦断したいな~、と強く思ったけど・・・奈良でも運転が出来ないのに・・・無理よね

でも、タマンラセットから2泊3日、何もない砂漠の一本道をドイツ、スイスのグループが乗せてくれた。人生初のヒッチハイク

ヒッチハイクと言っても自分から頼んでないよ。
みんな単独行動は危険だから、英語圏、フランス語圏、ドイツ語圏、イタリア語圏と言葉が通じる者同士で固まって行動しているのに、一人でいる私のことが気になって声を掛けたらしい。「大丈夫か、一人で」と。私はむかつく事は多かったけど一人は平気だった。でもラクそうだし、砂漠の一本道2泊3日に興味があったのでお言葉に甘えて乗せてもらった。
砂漠を車でプチ縦断
車を降りる時も、皆さん心配してくれ「ドイツまで乗って行って」と強く勧めてくれた。
有難かったけど、アルジェリアを一人で回るのって私にとっては面白かったから降ろしてもらった。
また一人で延々何時間もバスを待ったりした時はちょっと後悔したけど。


そういえば、やはりアルジェリアで一人でバスを待っていたとき、

砂漠で映画を撮影中

と言うスタッフの人達(アルジェリア人)に声を掛けられ、「一人じゃ危ないから」と宿泊所に泊めてもらった。結婚している女性も家族を置いて一人で砂漠のロケに1ヶ月来ている、と言うので「イスラムでも自由な女性もいるのだな」と思った。スペインに住んでいると言う人もいた。
都会だと女性も大学へ行くし、海水浴はビキニを着るとも言っていたな。都会か地方の村か、どちらで生まれたかで先の人生はうんと違うものになるんだろうなぁ・・・。

いろいろあった。アルジェリアはまた行けるものなら行ってみたい。
スポンサーサイト

エジプト

エジプトの気球の事故・・・・お気の毒です。

私がエジプトに行ったのは王家の谷で銃乱射で日本人が数名犠牲になった後だった。その事件があったので個人旅行は辞めろと反対され、しぶしぶツアーに

イギリスの旅行会社の3週間のツアー。主な観光地+1週間はナイル川をフルーカというエジプト伝統の帆掛け舟で川下りっていうのと紅海でダイビング(私はライセンスを持っていないのでシュノーケリング)というのがちょっと変わっているので参加した。

帆掛け舟下りは長すぎて退屈した。紅海も透明度が低く「わざわざダイビングに来る人いるの?」と思った。

ピラミッドもスフィンクスも王家の谷もアブシンベルも
「写真で見たとおりだなぁ・・」
と思った。気が済んだ、そういう意味では行ってよかった。
これ以後「観光地」だとか「世界遺産」目当ての旅行は辞めた。

でも、先ほどお客さんにそんな話をしたら

「本当、写真の通りと思った。でも、匂いだとかうだるような暑さとかが風景と一緒になっているのと、家で写真やテレビで見るのとはやっぱり違う」

と言う。その通りと気づいた
エジプトの喧騒や匂いはそこへ行かないと味わえない。


アレキサンドリアでアイスクリームを売っていたおじいさんが すっごくかわいかった

帰りの飛行機がオーバーブッキングで、飛行機会社の人が
「飛行機をずらす事が出来るお客様はいませんか~」と声を張り上げているので、

「別にいつの飛行機に乗ってもいいし、もうちょっとエジプトにいてもいいなぁ」と思い手を上げたら
5つ星ホテル全食事付、ピラミッド観光付、おまけに300ポンド(当時7万円)もらえた!


猫バッグ

猫好きの人が回りに多い。

私はカメレオン好きだから、猫はねぇ・・・・。

猫バッグ2種。
nekobag.jpg

ファーだから通年持てないのが難点でも、本屋で見た時、どうしても作りたくなった。
ファーって切った後そこらじゅう毛だらけで、鼻はむずがゆいし、とても大変な素材だった。


カメレオンならファー無しなので、年中持てる頑張って考案しよう

忘れ物

体調も良くなり、作りかけの服やお直しを

「どれから先に仕上げよう」

と考えながら、最近入手したお気に入りの道行コートを手に取ると
kuronami.jpg

裾に違和感が。3センチくらいの細い金属。針やマチ針にしたら太すぎる、布団針のような感触。

しなければいけないことが沢山たまっているのに、どうしても気になりほどいてみると

ヘアピンでした・・・・・。
pin.jpg

針を入れたままは非常に危ないので、
「仕事を始める前と後に針の数を数える」
ときいたことがある。
それほど気を使うものなのに、それより大きなピンが入っていてびっくり


解いてしまうと、とても魅力的な布に・・・・。
他にしなくてはいけない事が溜まっているのに・・・・。
結局、これでワンピースを作り始めた


新年会&兵児帯

まだ本調子でなく、やる気が出ない

すごく寒いので休みたいところだけど、お客様はいつ来られるのかわからないから・・・。

日曜日は商店街と自治会の「新年会」があったけど、完食出来ず、お酒も飲めず・・・一年に一回なのに残念

この手の新年会ってよそはどうなのか分からないけど、うちのは盛り上がる普段は立ち話くらいしか出来ないので、この時はお酒の力を借りてしゃべりまくる。
カラオケを無理強いされることもない(カラオケの無理強いは今は「カラハラ」って言われているの?お勤めしていた10数年前にもあったらよかったのに そのころ「セクハラ」も今ほどポピュラーじゃなかったなぁ


でも、リメイクはちょっとずつちょっとずつ進め、やっと仕上げた兵児帯と黒の羽織で出来たラップドレス。
兵児帯の持ち主は「女性が大好きだった父の兵児帯が女性のドレスになって、父も喜んでいるわ~
」と仰っていた。

hekoobilap.jpg



胃腸風邪

3日前から調子が悪い。
食欲が無い、下痢。熱も咳も吐き気もないけど、とにかくしんどい・・・。内科に行ったら「胃腸風邪」との診断・・・。そんな風邪、あったんだ


リメイクもお直しも、店内リニューアルもブログも出来ず・・・ただ座っている・・・。

昨日も今日も休みたかったけど、「15日過ぎに行くね」と先月別れ際に言われたお客様のことが気になり店に来た。
まぁ、昨日も今日も雪だから来られないだろうと思いつつも、もし来られたら申し訳ないし・・・。

昨日は雪の中、一日遅れのバレンタイン友チョコをわざわざ持ってきてくれた人がいて、やはり店を開けてよかった

これは先だって作ったコートの残りで作ったブラウス。今やっと合うスカートが出来たので

topmurasaki.jpg


ドイツ語のホームページ

ドイツ語のホームページも出来た!
チェコのお友達の奥さんが訳してくれた。

http://shoushowroom.web.fc2.com/index6.html

英語自体は難しいものではないのだけど、訳するのは大変らしい・・・。

「日本に行きたい、いつがいいか?」と聞かれ
「夏は暑いし、冬は寒いので、春か秋がいい」と先週答えたら、

「4月13日発のチケットを買った」と返事が来てびっくり
夫婦で来るらしい、子供(幼児)は置いて・・・・・。

JRパスも一緒に買ったらしく、

鎌倉→奈良泊→富士山
など、とんでもない日程が書かれていた

昔来た、ベルギー人も
北海道からJR乗り継いで奈良に夜中1時頃来たなぁ・・・・。

お気に入りのデザイン

私は洋裁を本格的に習った事はなく、ただ、好きで幼児の時はりかちゃん人形の服、小学校に入ってからは自分のスカートなんかを縫っていた、テキトウに

店を始めた当初は輸出入の知識があり英語で商談が出来るので、輸入雑貨を売っていた。まぁ、買い付けに行きたかったし

輸入雑貨は買取後クレームが効かないので、縫製が悪い商品のし直しや修理は自分でやっていた。
そのうち、「このかばんの持ち手を変えてみよう」とか、「この服の裾に刺繍をプラスしてみよう」と手を加えるようになった。楽しかったし、接客は長い人は長いけど、そんなにめまぐるしくお客様が来るわけでもないので

そのうち、家にあった大量の着物でかばんや服を縫い始めた。自分の着る服や持ち物に。
そして「これ、私が作ったんです!」とは言わずに店の目立たないところに置いていた。

世間には大量の商品があふれ、弊店だけでもいろんな物を置いているのに私が作ったものを買ってくれるお客様がいて、それは「いいな」と思って買い付けた商品が売れるよりも格段の喜びだった。
自分で縫って着ていると「それと同じものを縫って」と言われるのも嬉しかった。

でも、「洋裁の基礎も学校で学んでないし・・・
と、宣伝や販売には積極的になれなかった。

そんな話をうだうだと買い付け先のホーチミンのフランス人やベトナム人のオーナーなんかに話しているとみんな一様に
「日本人てみんなそう、学校出てないし・・・って言う。私はデザインの学校も縫製の学校にも行っていないよ!そのあなたが縫った服、すごくいいし作って売ったら」と言う。

そうだなぁ、いろんな人がいるから、ちゃんと計算されたデザインと完璧な縫製を望む人はそういう物を置いている店に行かれるから、私は私のやり方で、と本格的に着物もミシンも購入し、縫い始めた。

もちろん、いろんな事を言われる店を開いている以上仕方の無いことかな。

そして「洋裁をきちんと習っていない人にしか出来ない発想がある」と褒めてくれる人もいる

最近は布を見て「あこうやったら面白いデザインになるかも」と試着しながら作った服が、本屋で見たデザインブックに載っていたりする。
まさか私のデザインを盗んだわけでもないだろうけど・・・
同じ発想をする人がいるんだぁと嬉しくなる。

これは優れもの
フリーサイズなのにカッコ良く、コートとしてもワンピースとしても着ることが出来る。
murasaki2.jpg   murasaki.jpg

続「昔の着物」

1月28日出の「昔の着物」

昨日お客様が取りにこられました。

コートより揃いで作ったバッグの方が気に入ったみたい・・・
ozawasanmukashi.jpg

店のロゴ

店のロゴを思案中。

10年でいくつめ?
「そんなにコロコロ変えてはいけない」と言われても変えたくなる

ここ1年、ずっと「カメレオンをマークにしたい」と思いつつも、自分では考えられず・・・
「画像を検索してそれを参考に」と思って画像を見てもそれ以上に出来ず・・・。

いた、いた、イラストレーターの知り合いが
依頼してみると、三角と丸のカメレオンを描いてくれた

丸はおっとりゆきちゃんみたい。三角は疑り深いムーちゃんみたい(ゆきちゃん、ムーちゃんは宅のカメレオン)

早速これでオリジナルの紙袋やカードを作る~

カメレオン丸_convert_20130206115424
カメレオン三角_convert_20130206115459





マレーシア

改めてマレーシアの写真を見たら96年だったそんなに前だったんだ。

10年以上見てなかったアルバムをひっぱり出して見ると、なんだかセピア調の写真と色鮮やかな写真が2種ある。

鮮やかな写真は当時のまま、って感じ。セピアは流れた月日を感じられてそれはそれでいい。

でも「どうしてか???」
考えたらセピアに変色した写真は日本で現像したもの、鮮やかなのは一緒に旅行した友達がイギリスで現像して送ってくれたもの、と気づいた。
日本の技術のほうがなんでもいい、と思っていたけど、写真の現像はイギリスの方がよかったみたい。
今はデジタルだからこんな差はないんだろうな。


malaysia1.jpg
友達が撮ったクアラルンプール

malaysia2.jpg
私が撮ったティオマン

malaysia3.jpg
友達が撮ったプルフンティアン
ここは今でも1番のお気に入り。こんなに綺麗な海があるのか、と思った。ダイビングしないわたしでも、色とりどりの魚がホテルの前の「海水浴場」って感じのところでいっぱい見れた。
友達は「ここでグラスボートを所有して観光業をしたい!」なんて言ってたけど、実行せず。実行してたら毎年でも遊びに行けたのに(「じゃあ、自分でしろ!」って言われそう。


malaysia5.jpg

私が撮ったペナン。世界各地にある中華街よりはちょっとおとなしめ、でもそんなに変わらなかった。この写真で見ると廃墟のように見えるけど。

malaysia4.jpg


マレーシア語

マレーシア語のHPも出来た

http://shoushowroom.web.fc2.com/index5.html

マレーシアは15年前かな?に行った。半島の東側の海岸がすごく綺麗で、のんびりしていて、島はまさに楽園「住みたい」と思ってちょっとだけ就職活動をしたけど、夢はかなわなかった。

のんびり=職が無い・・・・。

でも、将来夢がかなうかも知れないし



プロフィール

ayumu

Author:ayumu
奈良きたまちで着物と帯を気楽に着れるお洋服にリメイクしています。

店に常駐していませんのでおいでになる前にメールでご予約下さい。
デザインの盗用・盗作目的でのご来店はどうか勘弁下さい。
気になった洋服があれば、メールでお問い合わせ下さいね。kimono.shou@gmail.com

ホームページはhttp://infoshou-showroom.wix.com/remake
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
nowカウンターblogblog
アクセスカウンター
ガス給湯器ECサイトネットショップ裏dvd裏dvd裏DVD案内所dvddvd 300dvd 200
サイト売買保険オンラインカウンターページランク出会い出会いエステ美容整形クレジットカード
消費者金融キャッシングローン無料ホームページ無料メールフォームメールフォーム社長ブログアクセスログ解析アクセス解析
ブログカウンターdvd社長ブログ給湯器裏DVDランキング地デジ アンテナ
無料カウンターデリヘル出張ホストデリヘル求人アダルトグッズ里親里親募集求人情報私書箱ブログ
無料ブログ美容室アルバイト情報シンクタンクwebコンサルティングインターネット広告seo対策赤ちゃんハッカー裏dvd無修正dvd裏dvd無修正dvd裏dvd 300円裏dvd 200円
無料アクセスカウンターdvd 200dvd 200dvd 200
裏dvd無修正dvd医薬品 買取ブログパーツアダルトサーバー海外サーバー海外レンタルサーバーレンタルサーバーレンタルサーバーアクセスカウンターお見合いアクセスカウンター無料カウンター
ブログカウンター結婚相談エアコン工事マスゴミデコメカウンターserverserverblog partsblogseosemthink tank
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR